教育訓練給付制度について

■教育訓練給付制度について
 対象学科:鍼灸科・看護科

在職者や離職者が、厚生労働大臣が指定する教育訓練講座を受講し修了した場合、本人がその教育訓練施設に支払った費用の一部をハローワークから支給する雇用保険の給付制度です。

■支給対象者について

初めて教育訓練給付金の支給を受けようとする方

講座の受講開始日までに通算して2年以上の雇用保険の被保険者期間を有し、在職中または離職後1年以内の方。

2回目以降教育訓練給付金の支給を受けようとする方

前回の受講開始日から次の専門実践教育訓練の受講開始日前までの間に10年以上雇用保険被保険者期間を有している方。(※1)
(※1)専門実践教育訓練給付金を受給する場合は、前回受給から今回受講開始日前までに10年以上経過していることが必要です。

■一例の流れについて

〜学生VOICE〜 鍼灸科 福島 智恵子さん

 前から鍼灸に興味があり、学校のホームページで教育訓練給付金制度を受けることができると知り、本校への入学を決意しました。この制度を受けることで、経済的な負担が減り、勉強に使える時間が増えるのでとても助かっています。みなさんも一緒に学ぶことを楽しんで、一緒に夢を叶えましょう。


教育訓練支援給付金制度について 対象:鍼灸科・看護科

■教育訓練支援給付金制度について

専門実践教育訓練給付金の受給資格者のうち一定の条件を満たし方が失業状態にある場合に、訓練受講をさらに支援するため、雇用保険の基本手当の半額に相当する額をハローワークから支給する制度です。

■一定の条件について

・専門実践教育訓練の受講開始時に45歳未満であること
・受講する専門実践教育訓練が通信制または夜間制ではないこと  など

■一例の流れについて

入学1ヶ月前まで

ハローワークにて受給手続き
※専門実践教育訓練の教育訓練給付金を受給できる方でなければ給付を受けられませんのでご注意ください。

在学中

2か月に1回の教育訓練支援給付金の認定日に、失業の認定を受ける必要があります。