看護科紹介(昼間) 3年制 チーム医療の中心的役割

1年次

看護の活動の実際を知り、看護師の役割を学びます。
また、基礎看護学で学んだ知識・技術・態度を活用し、入院されている患者様に日常生活の援助ができるよう演習を行います。




2年次

入院されている患者様の情報をアセスメントし、看護計画に沿って、安全・安楽・自立に向けて看護を実践できる演習を行います。
実際に臨地演習に行き、基本的ニードに基づく援助をします。




3年次

あらゆる健康段階の対象に応じた看護を行います。また、卒業後に臨床現場にスムーズに適応できるよう、
チーム医療及び他職種との協働の中で看護をマネジメントできる基礎的能力を修得します。




主な実習先

ケアセンターやし実/友田病院/西福岡病院/のぞえ総合心療病院/博愛会病院/拾六町ディサービス/福岡記念病院/福西会病院/牟田病院/等(※五十音順)

実践力がある看護師の育成をします

看護科 実習調整者 市川 豊子先生

実習施設は、看護を学ぶ学生にとって第2の学校です。本校の臨地実習では、信頼できる協力施設と契約を結び、安心して学習に集中することができます。学内で学んだ知識・技術だけでなく、患者様やスタッフの方々とのコミュニケーション能力や看護師に必要なマナーなど人間性の向上を目指します。


知識や技術だけでなく、
看護に必要なものを知る機会

看護科3年 塚本 瑞季さん (熊本県 人吉高校出身)

初めて看護課程を経験した「基礎実習」では、情報収集やコミュニケーション、チームワークなどの大切さを学ぶことができました。また、その後の「成人・老年実習」では“患者様中心の看護”が実施できるよう、事前学習をしっかり頭に入れて臨むことができたと思います。今後は、患者様との信頼関係の深め方や実習指導者の方への適切な報告・連絡・相談の仕方を課題として将来役立つ力を身につけたいです。