職業実践専門課程

文部科学大臣職業実践専門課程認定

専門学校のうち、企業等と密接に連携して、最新の実務の知識・技術・技能を身につけられる実践的な職業教育に取り組む学科を文部科学大臣が「職業実践専門課程」として認定します。
詳しくは こちらをご覧ください。


福岡医療専門学校での取り組み

1.「教育課程編成委員会」設置


医療機関と協同でカリキュラム編成

業界団体や医療機関の役職者を委員に加えて「教育課程編成委員会」を設置しています。この「教育課程編成委員会」で出た意見を参考にし、カリキュラム編成を行います。また、本校はチーム医療に貢献する医療従事者を育成するため、他医療職種の意見も積極的に活用し、より実践的なカリキュラム編成をしています。


2. 医療機関と連携し演習、実習等の実施


実践的な知識・技術の修得

医療機関で実際に働いている最前線の医療従事者を招き、実践的な知識・技術を修得できるようにしています。柔道整復科・鍼灸科では、本校付属の臨床実習施設にて患者さまに対しての接し方、現場での応用力、コミュニケーションスキル等を培います。理学療法科・診療放射線科・看護科では、上記の内容に加え、実際の医療現場での臨床実習や臨地実習があります。また、本校教員と実習施設と連携を密にとり、実際の現場で必要とされる技術を学内での授業にフィードバックしています。


3. 教員研修の実施


教員の質の向上

本校付属の臨床施設や外部医療機関での臨床経験を積み、救護トレーナー活動等を通じて最新の知識・技術の維持向上に努めています。さらに他学科や外部専門機関等と連携し、FDセミナー等を開催することで、様々な分野に対しての理解を深め、学生に対する指導力の向上にも努めています。また学会や研修等に参加できる体制を作り、積極的に教員を支援しています。


4. 学校評価の実施


学校運営の改善

自己点検・自己評価に加え、医療機関、卒業生および地域住民による学校評価も実施しています。その評価結果を真摯に受け止め学校運営の改善に役立てます。評価と改善の取り組みについては報告書にまとめ、ホームページに公表しています。学校評価はこちらをご覧ください


5. 情報の公表


積極的な情報提供

本校の教育活動はホームページでご覧いただけます。さらに職業実践専門課程の取り組み等については様式4で適時更新し、積極的に公表しています。詳しくは こちらでご覧いただけます。