理学療法科 4年制 午前(スポーツトレーナー)

1年次

入学後早期に臨床施設での見学実習を行います。医療現場を体感することで、病院・施設の機能や理学療法士の役割を学び、目標とする理学療法士像を具体化していきます。


見学実習



2年次

学生全員が介護老人保健施設における生活支援の実情を体験します。この段階の実習の重要性は、利用者様との対話を通じ、一人ひとりに沿った生活支援の必要性と理学療法士の役割を、学生自らが実感する点にあります。


ADL実習



3年次

この段階では、4週間の医療機関における実習に臨みます。理学療法士の基礎となる検査測定・評価能力を修得し、
患者様の状態を正確に把握する力を養います。


評価実習

長期実習



4年次

学生の皆さんは、8週間の実習に2度(3年次・4年次)臨みます。
長期間の実習は、これまで培った知識及び技能を総動員し、患者様一人ひとりにかなった治療に臨みます。
「選ばれる理学療法士」になるためには、この実習こそが重要であるとわれわれ教員は考えています。

長期実習




主な実習先

早良病院/玉名地域保健医療センター/成田整形外科病院/西福岡病院/福岡県済生会福岡総合病院/ 福岡豊栄会病院/ 福岡鳥飼病院/福岡みらい病院/福岡リハビリテーション病院/誠愛リハビリテーション病院/ ヨコクラ病院/吉村病院/等(※五十音順)

即戦力となる理学療法士を育成します

理学療法科教員 山本 拓史先生

実習の醍醐味は、患者様と直に触れる点にあります。
実習の中で理学療法士に対するイメージを明確化し、より一層関心を高めることができます。なかでも3・4年次に行われる長期間の実習は、患者様一人ひとりにあった治療を考え、そして実践していく面白さと出逢うことができます。この体験は、必ず就職後の「実践力」「即戦力」に結びつきます。


小さなことから積極的に行い
より多くの経験を積む

理学療法科 宮崎 一真さん (佐賀県 唐津西高校出身)

 小さなことから積極的に行い、現場でしか学べないことをしっかり学ぶと臨んだ臨床実習はとても充実していました。理学療法士の仕事や患者様を自分の目で見ることで、患者様やスタッフ間のコミュニケーションの大切さ、治療の難しさややりがいを感じました。実習中には、座学で学んだ知識・技術だけでは対応しきれないこともあり、現場で対応できる応用力も必要だと思いました。課題はたくさんありますが、多くの方の役に立ち必要とされるような理学療法士になれるよう頑張っていきたいです。