理学療法科 4年制 午前(スポーツトレーナー)

佐田整形外科病院勤務
平成30年度理学療法科卒業
丹下亜友美さん (長崎県西海学園高校出身)

目標持って行動することが大切

 足の不自由な親友がリハビリに通う姿を見て理学療法士を目指し、また福岡医療ではスポーツトレーナーの資格も取れるので、スポーツに関わりたいという将来の希望も叶うと考えました。スポーツ疾患の方を担当したり、高校生の部活に帯同してテーピングを巻くなど、自身の可能性を広げることができ、この仕事を選んで良かったと実感しています。患者様が元気になり、笑顔が増えていく姿を見ることで、更に頑張ろうと思えます。肩関節疾患治療が技術的に苦手ですが、克服するだけでなくそのプロフェッショナルになりたいと思います。また部活やチームのトレーナー、高齢者を対象とした運動指導など、病院外での活動が行えるセラピストになる夢に向かって精進しています。学生時代は、勉強はもちろんさまざまな経験を積むことで視野を広げてください。







福岡みらい病院勤務
平成30年度理学療法科卒業
有田拓海さん (熊本県天草工業高校出身)

患者様の喜ぶ姿が一番のやりがい

 高校の部活でケガをしてリハビリを経験しました。その時、理学療法士の方にお世話になり、こんな仕事があるんだと知りました。理学療法士は国家資格なので、環境が変わっても働けるという点に大きな魅力を感じています。この仕事に就いて、人と接する楽しさを知り、自分の知識や技術で患者様の状態が良くなり、喜んで貰えることが何よりのやりがいです。これからも経験を積んで、たくさんの方を笑顔にしていきたいです。







初台リハビリテーション病院 勤務
平成28年度 理学療法科卒業
崔 雅さん (熊本県 秀岳館高校出身)

日本で学んだ理学療法を母国に広めたい

 現在、高齢者の脳疾患患者のリハビリを担当しています。1人の患者様に対し、リハビリの評価、再評価、そして退院先の選定、公共交通機関評価、退院前訪問など細かい対応を行っています。大変ですが、重度麻痺の患者様が自立歩行でき、自宅復帰、趣味活動再開という回復の流れを確認できた時のやりがいが感動的です。私の目標は、母国である中国に日本で学んだ理学療法を広め、健康増進に役立てることです。その夢を叶えるために、今は東京で経験を積んでいます。



活躍している卒業生はこちら

活躍している女性たちはこちら