看護科紹介(昼間) 3年制 チーム医療の中心的役割

福岡記念病院
平成26年度卒業 
鶴 江梨香さん (福岡県 福岡講倫館高校出身)

夢は、病棟経験を活かした訪問看護

 知識や技術が身に付いてきた6年目にしてやっと全体が分かるようになり、一人ひとりの性格や状態に合ったアセスメント・対応で、より良い看護が行えるようになったと思います。本人と家族の生活を変えてしまう入院。不自由さや辛さを少しでも和らげ、笑顔で退院していただくには、何が最も適切かを、常に考えています。病棟での学びを活かした、訪問看護の夢もできました。皆さん、3年間の勉強と国家試験を頑張ってください。







福西会病院
平成26年度卒業 
吉川 みなみさん (福岡県 糸島高校出身)

看護師歴6年になり、新人を指導

 高齢化社会になっていけば必要とされる看護師の需要が高まるのでは、と考え決めました。学校の選択に迷っていたら、高校の先生が福岡医療を勧めてくれました。今年で看護師6年目。新人を指導する立場になりました。指導の傍ら、ラダー(看護実践能力)修得に努め、看護技術のレベルアップしていくことを目標にしています。国家試験に合格するまできつい思いをすることもあるでしょうが、後輩の皆さん、頑張ってください。



活躍している卒業生はこちら

活躍している女性たちはこちら