フォトギャラリー

3年生 臨床実習兇亮業

2016/10/06 (木)

 最終学年である3年生は、附属鍼灸院において指導教員の指示の下、初対面の患者様に治療を行います。その実習に向け、クラスメイトに対して練習をしています。
 問診・脈診(脈で身体の状態を把握すること)・腹診(お腹に触れて身体の状態を把握すること)を行い、治療方針を決定し患者にわかりやすく説明していきます。また、何のためにどこに鍼やお灸をするかも説明していきます。
 今回は、下痢の治療である豊隆(足のツボ)に鍼、水分(お腹のツボ)にお灸をしました。

≪ 3年生 臨床実習及び症例報告会
1年生 経穴(けいけつ)ゲーム ≫