福岡医療専門学校|本校について

理事長あいさつ

親が子に残せる唯一の財産は教育である

 かつて、中国、四国及び九州地方には、柔道整復師養成施設がなく、この地域で柔道整復師を志す人々は、遠方まで行かなければ専門の教育を受けられず、国家試験の受験資格を取得することも困難なことでした。そこで、この課題解消のため、柔道整復師養成施設の開設を目指し、平成11年4月、西日本で最初の柔道整復師養成施設としての指定を厚生労働大臣から受けました。さらに福岡県知事からも私立専修学校としての設置許可を得て、本校の前身である「福岡柔道整復専門学校」が誕生いたしました。
 翌年の平成12年4月に鍼灸科、平成19年4月には理学療法科を開設し、平成22年4月に校名を「福岡医療専門学校」に変更しました。さらに平成23年4月、現代社会においてニーズの高い診療放射線科と看護科、令和5年4月に歯科衛生科を設置しました。また、令和7年4月に柔道整復科局堯文畍紂砲鮴瀉屐雰弉菽罅砲掘鍼灸科、理学療法科とのW受講が可能となります。
 これまでの経緯及び実績により、平成26年3月に理学療法科・柔道整復科・鍼灸科が、平成27年2月には診療放射線科・看護科が、文部科学大臣から職業実践専門課程の認定を受けています。
 これからも「親が子に残せる唯一の財産は教育である」ことを教育理念とし、学生一人ひとりを我が子と想い、貴重な財産を後世に残すべく精進してまいります。



 


オープン
キャンパス


資料請求