卒業生紹介

平成22年度理学療法科卒
藤内 雄太さん

JR九州病院勤務

筑陽学園高等学校出身


様々な分野に対応できる理学療法士に
見識を広げ、幅広い分野にも対応できる理学療法士になりたいと思い、現在の病院を選 びました。整形外科・内部障害を中心に担当しています知識や技術以前に、相手の立場になって物事を考えることを、最も大切にしています。今後は、学会で運動器の分野に関する大きな発表がしたいと思っています。

平成25年度 理学療法科卒
湯浅 睦美さん

健康リハビリテーション内田病院勤務

福岡県 飯塚高校出身


“人が大好きな人”に向いている仕事
現在は外来部署に所属しており、午前中は外来、午後は外来および入院中の患者様のリハビリなど、あらゆる疾患を診させていただいています。仕事のやりがいはもちろん、「痛みが減ったよ」「ありがとう」といった患者様の声が聞けたとき、長年苦しんでこられた方のお役に立てたとき、この仕事を選んでよかったと心から思います。

平成29年度 診療放射線科卒
田中 祥司さん

朝倉健生病院 勤務

鹿児島県 甲南高校出身


寄り添っていく診療放射線技師を目指す
 現役生とは一回りも年齢の開きがあるので、国家試験に合格できるかは正直、不安でした 。受験勉強を年齢が近い友達と一緒にすることで、自信をつけていけたのがよかったと思 います。今、さまざまな診療機器を使いこなせるようになり、日々、接している患者様の 状態の画像を的確に描ける技師になるのが目標です。これからも知識や技術を積み重ね、 助けを必要としている人に寄り添っていく診療放射線技師を目指します。

平成27年度 診療放射線科卒
杉村 佑哉さん

渡辺整形外科病院勤務

宮崎県 高千穂高校出身


患者様に感謝される仕事
 診療放射線技師の仕事は、直接治療やリハビリに携わるわけではありませんが、それでも「ありがとう」と言ってくださる患者様に、やる気をいただく毎日です。今後の目標は、多くの知識・技術を身につけていくこと。そして、ドクターが「見たい」と思うところをしっかり撮れる技師になることです。

平成25年度 看護科卒
金嶽 秋穂さん

牟田病院勤務

長崎県 松浦高校出身


実習先の病院に惹かれ就職
 日々の仕事は、患者様の疾患、治療方針を把握し、理解した上で看護に入りますが、少しのミスが命に係わることもあり、緊張感のある仕事です。うれしいのは、実習中から憧れていた看護師の方々と共に働けるということです。目標にする方も認定看護師の資格を持っており、上へ上へといかれる姿をそばで見ることができるので刺激になります。

平成27年度 看護科卒
山本 いづみさん

福西会病院勤務

福岡県 糸島高校出身


思いやりをもった看護師になりたい
 仕事にやりがいを感じるのは、入院していた患者様の“できること”が日に日に増えていき、元気に退院してくださったときです。これからいろいろな科や部署を経験し、たくさんの知識・技術を身につけ、患者様に安心していただける看護師になりたいと思います。

平成13年度柔道整復科卒
布志木 元朗さん

元ソフトバンクホークストレーナー
トレーナーチーム シームズ勤務

長崎県 長崎南山高校出身


チームの優勝をしっかりと支えたい
 選手の身体の状態をみて治療を行った後、試合に復帰して活躍している様子を見ては、いつもやりがいを感じています。シーズン中はチームに帯同するので自分の時間が取れず、家族と過ごす時間も少ないのがこの仕事の難点ですが、選手が良いプレーをし、チームが優勝するとそれまでの苦労が報われます。

平成23年度 柔道整復科卒
平成26年度 鍼灸科卒

立畠 弘大さん

寛田クリニック勤務

山口県 下関商業高校出身


将来は自分の院を開業したい
今の職場はさまざまな職種の方からアドバイスをいただけるので、治療の幅が広がるのが魅力です。将来は、地元で自分の院を持つこと。老若男女問わず、スポーツ、日常生活の復帰までサポートし、地域貢献していけたらと考えています。

平成15年度鍼灸科卒
吉住 巳佐世さん

アスキットボディはり灸院勤務
ワコール女子陸上部トレーナー

福岡県 福岡雙葉高校出身


自分が得た知識や技術でたくさんの笑顔に会える
トレーナーを目指すために医療系資格の取得を考えていたところ、鍼灸治療に興味を持ち、福岡医療の鍼灸科で学びました。私が学生時代に得たのは、柔軟な姿勢でいろいろな情報をキャッチし、自分の足で動いて見てまわることが大切だということ。そこで得たものが患者様や選手の笑顔につながっています。

平成27年度 鍼灸科卒
吉田 華さん

株式会社リエイト Be-fine 下北沢本院 勤務

福岡県 福岡大学附属若葉高校出身


将来は福岡で開業したい
 いつも「患者様のために何ができるか」を考えている看護師の母を見て、「私も誰かの支えになれる人になりたい」と思っていました。今、鍼灸師として働いていてやりがいを感じるのは、患者様が抱いている不安や辛さについて親身になって話を聞き、それを治療につなげられることです。私の夢は、東京でキャリアを積み、福岡に戻って開業すること。鍼灸師として成長して、地元の方々を全力で治療したいと思っています。

平成20年度鍼灸科卒
幹 賢道さん

ベガルタ仙台
トレーナー

長崎県 五島南高校出身


苦楽を共にした選手たちと喜びを分かち合える仕事
 サポーターの応援が地響きのようにこだまするスタジアムで、選手たちと共にスタッフとして闘えるのがこの仕事の魅力。勝利の際に皆で抱き合って喜びを分かち合う瞬間が大好きです。特に、私がリハビリや治療を担当した選手が活躍するのは最高にうれしく、心の底からやりがいを感じます。

平成17年度鍼灸科卒・平成24年柔道整復科卒
深田 恭典さん

医療法人 康整会
黒田整形外科勤務

長崎県 国見高校出身


西洋医学と連携しながら自分の力を発揮しています!
 患者様に対し、医師や看護師、理学療法士、作業療法士、診療放射線技師などと連携・相談しながら治療できるのがこの職場の素晴らしいところです。西洋医学も学ぶことができるという恵まれた環境で働きながら、将来は穏やかな“氣”で人々を癒す「心救師(鍼灸師)・柔整師」になりたいと思っています。