鍼灸科3年制
午前コース(スポーツ・美容鍼灸)

スポーツ美容鍼灸

◎スポーツ鍼灸学(運動鍼)を紹介します。

運動鍼とは、鍼を刺して関節を動かすテクニックです。スポーツ現場で良く用いられます。

実技に入る前に授業の内容を説明していきます。今日は肩の治療について学びます。
まず、肩のしくみを確認していきます。筋肉の働きや関節の動きなどを見てどのような障がいが起きるか考えていきます。
動きの確認とともに、痛みなどを確認し、障がい部位を特定してきます。
先生に診てもらいながら、お互いに鍼をしていきます。肩の動きがよくなって軽くなるのを実感します。
必要があれば、鍼をした後に固定や筋肉のサポートのテーピングをします。今回は、筋肉を補強するテーピングを巻いてみました。
今日、勉強したことをノートにまとめて、トレーナー活動にいかせるよう復習します。
トレーナー活動をとおして、学んだ知識技術を活用していきます。教員帯同のトレーナー活動では、実際にスポーツ現場で用いる鍼灸を見ることができます。

◎美容鍼灸(美容鍼灸)の授業を紹介します。

主に「福岡医療式美容鍼灸」を修得します。リンパや血液、経絡の流れを良くするために考えられた本校独自の美容鍼灸です。

「福岡医療式美容鍼灸」の流れと施術のポイントを説明していきます。
頬の高さや輪郭を確認して、施術を行う前の評価をします。また、施術のポイントを実際に見てからお互いに施術をしていきます。
舌や脈など身体の状態を診て、身体の中がどのような状態か診ていきます。
手足やお腹に鍼・灸を行うことで、身体の中から整えていきます。
鍼を打つ順番や刺す方向、深さなど細かく指導を受けながら、練習します。
最初と比べて気になっていたところがどう変化したか確認します。
美容鍼灸の授業で学んだことを活かし、実習を行います。実際に模擬患者(学生)に施術することで、知識・技術を更に深めていきます。
学科一覧