臨床実習・臨地実習

柔道整復科、鍼灸科、理学療法科、診療放射線科、看護科は講義や演習・実習で学んだ知識や技術をもとに実際に医療機関などへ行き実習を通じて、医療現場で必要となる知識や技術、コミュニケーションのとり方などを学びます。

学生の声

■柔道整復科

臨床実習でたくさんのことを学び
信頼される柔道整復師になりたい

柔道整復科 加藤 鈴菜さん
(福岡県 中村学園女子高校出身)

学校付属の整骨院で臨床実習を行い、電気治療機器の使い方だけでなく、患者様とのコミュニケーションの取り方を学びました。初対面の方と話すことがとても苦手で、あいさつが小さいと先生に指導を受けました。明るく元気にと意識をしましたが、思うようにいかず声が小さくなってしまいました。臨床実習で経験を積み、コミュニケーション能力を身につけ、多くの患者様から信頼される柔道整復師になりたいです。

詳細はコチラ

■鍼灸科

鍼灸師になる自覚を持ち
高い意識で臨んだ臨床実習

鍼灸科 田畑 翔さん
(宮崎県 都城泉ヶ丘高校出身)

この実習は、模擬患者様に自分で考え模擬治療していくことができます。実習前には本番を想定し、実践的な練習を多くしました。いざ始まると緊張のあまり、最初は上手くできないこともありました。また、初対面である模擬患者様とのコミュニケーションを取ることも難しく苦戦しました。意識高く臨んだものの課題が多く見つかった臨床実習でしたが、在学中に見つけることができよかったと思っています。まずは鍼灸師として活躍するため、また夢である開業に向かって精一杯頑張っていきます。

詳細はコチラ

■理学療法科

小さなことから積極的に行い
より多くの経験を積む

理学療法科 宮崎 一真さん
(佐賀県 唐津西高校出身)

小さなことから積極的に行い、現場でしか学べないことをしっかり学ぶと臨んだ臨床実習はとても充実していました。理学療法士の仕事や患者様を自分の目で見ることで、患者様やスタッフ間のコミュニケーションの大切さ、治療の難しさややりがいを感じました。実習中には、座学で学んだ知識・技術だけでは対応しきれないこともあり、現場で対応できる応用力も必要だと思いました。課題はたくさんありますが、多くの方の役に立ち必要とされるような理学療法士になれるよう頑張っていきたいです。

詳細はコチラ

■診療放射線科

チーム医療の一員として
大切なことを学んだ病院実習

診療放射線科 長谷川 陽子さん
(熊本県 熊本商業高校出身)

5週間の病院実習を経て診療放射線技師の仕事だけでなく、チーム医療の一員としての役割も学ぶことができました。患者様とはもちろんですが、スタッフ間とのコミュニケーションをとることも大切です。実習中は課題で大変でしたが、自分から技師さんに質問に行くことでより深い話を聞くことができ、今後に役立つ知識を得ることができました。後輩たちには実習に行くまでに基礎的な知識を身につけてほしいと思います。そうすれば実りある実習になると思いますよ。

詳細はコチラ

■看護科

知識や技術だけでなく
看護に必要なものを知る機会

看護科 吉山 結麻さん (長崎県 猶興館高校出身)

患者様の全体像をとらえた看護が実施できるよう、事前学習をしっかり頭に入れて臨みました。患者様の状態に合わせた看護を行うことが難しく、臨機応変に動けるような技術力の向上が必要だと感じました。また、患者様の心理・社会的側面でとらえることの大切さもわかり、たくさんの課題を見つけることもできました。患者様と関わることでやりがいを感じ、早く患者様を支えることができる看護師になりたいと思いました。

詳細はコチラ

各科の臨床実習・臨地実習

■柔道整復科


1年次

あいさつや院内環境整備を主とした見学実習を通して、医療人としての基礎スキルを修得します。
また、将来の業務について理解を深めます。


見学実習



2年次


物理療法機器の取り扱いや患者様との適切なコミュニケーションについて修得します。


臨床実習



3年次

1・2年次で身につけたことを実際に応用できるよう、来院から施術、患者指導までの一連の流れを教員の指導のもと、模擬患者に対して行います。


模擬実習



主な実習先

福岡医療学院整骨院、福柔整骨院(本校1階)

現場で即実践できる医療技術者を育成します

柔道整復科教員 坂主 充史先生

本校附属整骨院は100名以上の患者様が来院なされています。このような環境で1年次より実践的な実習を行っていきます。技術・知識だけでなく、コミュニケーション能力やマナーなど人間性の向上も目指します。


■鍼灸科


1年次

タオルワークや患者さんの触り方、コミュニケーションの取り方を練習していきます。
また、2・3年生の模擬患者として、実際に患者の気持ちを体験します。


見学実習



2年次

模擬患者の話を聞き、身体の状態を把握したうえで治療を行います。その後グループで討論会を行い、治療法を幅広く学びます。


臨床実習



3年次

1・2年生で修得した技術に加え、東洋医学的考えを用いて治療を行います。その後クラスで治療についての発表を行います。一人の患者を受け持ち、根本的に治療していくことを経験します。


臨床実習



主な実習先

福岡医療学院鍼灸院、福柔鍼灸院(本校1階)

卒業したら即臨床ができるよう 臨床力を高める

鍼灸科専任教員 實松 沙織先生

1年、2年、3年と段階を追って、ステップアップしていくので、確実に臨床力が身についていきます。特に3年生では、幅広い疾患が診れるように、臨床経験を積んでいくので、卒業して即臨床にいかせる高い臨床力を修得します。


■理学療法科

1年次

入学後早期に臨床施設での見学実習を行います。医療現場を体感することで、病院・施設の機能や理学療法士の役割を学び、目標とする理学療法士像を具体化していきます。


見学実習



2年次

学生全員が介護老人保健施設における生活支援の実情を体験します。この段階の実習の重要性は、利用者様との対話を通じ、一人ひとりに沿った生活支援の必要性と理学療法士の役割を、学生自らが実感する点にあります。


ADL実習



3年次

この段階では、4週間の医療機関における実習に臨みます。理学療法士の基礎となる検査測定・評価能力を修得し、患者様の状態を正確に把握する力を養います。


評価実習

長期実習



4年次

学生の皆さんは、8週間の実習に2度(3年次・4年次)臨みます。
学生の皆さんは、8週間の実習に2度(3年次・4年次)臨みます。長期間の実習は、これまで培った知識及び技能を総動員し、患者様一人ひとりにかなった治療に臨みます。「選ばれる理学療法士」になるためには、この実習こそが重要であるとわれわれ教員は考えています。

長期実習



主な実習先

早良病院/玉名地域保健医療センター/成田整形外科病院/西福岡病院/福岡県済生会福岡総合病院/ 福岡豊栄会病院/ 福岡鳥飼病院/福岡みらい病院/福岡リハビリテーション病院/誠愛リハビリテーション病院/ ヨコクラ病院/吉村病院/等(※五十音順)

即戦力となる理学療法士を育成します

理学療法科教員 山本 拓史先生

実習の醍醐味は、患者様と直に触れる点にあります。 実習の中で理学療法士に対するイメージを明確化し、より一層関心を高めることができます。なかでも3・4年次に行われる長期間の実習は、患者様一人ひとりにあった治療を考え、そして実践していく面白さと出逢うことができます。この体験は、必ず就職後の「実践力」「即戦力」に結びつきます。


■診療放射線科

1年次

主にX線撮影方法を修得します。患者さんへの接遇や撮影のためのポジショニングなど、来年度の病院実習に向け知識と技術を活かせるようにします。


学内実習



2年次

解剖学的知識と結び合わせ、最適な撮影方法を修得します。患者様へわかりやすい説明をするための練習もしていきます。また5週間の病院実習で一般撮影、MRI、CT、血管造影を学びます。


臨床実習



3年次

頭部をはじめ全身の骨格について撮影技術を学び、知識と技術を向上します。また5週間の病院実習で核医学、放射線治療を学びます。


臨床実習



主な実習先

上尾中央総合病院/岩国医療センター/唐津赤十字病院/関門医療センター/君津中央病院/呉医療センター/さくら病院/佐田整形外科医院/聖峰会マリン病院/千葉ろうさい病院/東京大学医学部附属病院/ 東京都立駒込病院/戸田中央総合病院/ 長崎みなとメディカルセンター市民病院/西福岡病院/原病院/ 広島市立広島市民病院/ 福山医療センター/村上華林堂病院/ヨコクラ病院/洛和会音羽病院/等(※五十音順)

充実した設備で実践的な知識・技術が学べる

診療放射線科教員 野田 弘文先生

学内の充実した放射線機器を使用し、認定技師や豊富な臨床経験を持つ教員がマンツーマンで指導します。患者さんに思いやりをもって接することを中心に、すべての撮影において接遇を学び、より実践的な知識・技術の修得を行います。


■看護科

1年次

看護の活動の実際を知り、看護師の役割を学びます。また、基礎看護学で学んだ知識・技術・態度を活用し、入院されている患者様に日常生活の援助ができるよう演習を行います。




2年次

入院されている患者様の情報をアセスメントし、看護計画に沿って、安全・安楽・自立に向けて看護を実践できる演習を行います。実際に臨地演習に行き、基本的ニードに基づく援助をします。




3年次

あらゆる健康段階の対象に応じた看護を行います。また、卒業後に臨床現場にスムーズに適応できるよう、チーム医療及び他職種との協働の中で看護をマネジメントできる基礎的能力を修得します。




主な実習先

ケアセンターやし実/友田病院/西福岡病院/のぞえ総合心療病院/博愛会病院/拾六町ディサービス/福岡記念病院/福西会病院/牟田病院/等(※五十音順)

実践力がある看護師の育成をします

看護科 実習調整者 市川 豊子先生

実習施設は、看護を学ぶ学生にとって第2の学校です。本校の臨地実習では、信頼できる協力施設と契約を結び、安心して学習に集中することができます。学内で学んだ知識・技術だけでなく、患者様やスタッフの方々とのコミュニケーション能力や看護師に必要なマナーなど人間性の向上を目指します。