福岡医療を知る

■セミナーPICK UP

≪柔道整復科≫
成功に導くための開業セミナー
喜多村 伸明先生

柔道整復師を目指す方にとって「独立開業」は大きな魅力です。しかし、実際に開業する場合、保険請求や税金、経営など通常の授業では学ぶことのできないさまざまな知識が必要となります。このセミナーでは、皆さんの夢の実現に少しでも役立つ実践的な知識を教えていきます。

≪柔道整復科≫
スポーツテーピング(球技編)
小礒 嘉貴先生

プロ・アマ問わずスポーツの現場で活躍できるよう、授業で学ぶ基本的なテーピングに加え、競技特性なども考慮した応用的なテーピングを取り上げます。私が以前メディカルトレーナーとして活動していた時の経験を踏まえ、独自のテクニックを加えたテーピングを、実際の症例を紹介しながら教授します。

≪鍼灸科≫
経絡アロマトリートメント
實松 沙織先生

アロマテラピーは、香りによる癒しだけでなくさまざまな効果が期待できるものです。そのアロマテラピーと鍼灸治療を合わせた『アロマ鍼灸』を学べるのが本校の特色です。セミナーでは、アロマオイルを使って経絡の流れを整える『経絡アロマトリートメント』を中心に、本校独自の技術を身につけていきます。

≪鍼灸科≫
トリガーポイント入門
木下 圭介先生

「トリガーポイント」とは、筋肉の痛みが過敏な部位のことをいいます。このセミナーでは、筋肉の起始・停止、作用などの基礎を中心に学び、他学科の学生でも実際の臨床で応用できるよう、トリガーポイントの見つけ方、具体的な治療法などを幅広く解説していきます。

≪理学療法科≫
整形外科疾患における歩行訓練
藤井 和彦先生

下肢に障害を持っている患者様はさまざまな歩行補助具(杖や歩行器)を使用されていますが、適切に使われていない状況が見受けられます。他学科の学生も多く遭遇するであろう整形外科疾患を対象に、歩行補助具の選び方から使用方法まで実技を交えながらご紹介します。

≪理学療法科≫
リンパ浮腫治療セミナー
坂口 文宏先生

多くの方が苦しんでいるリンパ浮腫に対して、日本には治療できる医療機関がまだ少なく、諸外国に比べて遅れています。治療にはリンパ浮腫の知識だけでなく、腫瘍学や皮膚学、病理学などさまざまな知識が必要となります。多くの患者様に貢献できるよう一つひとつしっかり指導します。

≪診療放射線科≫
医療情報システムとネットワーク
木ノ下 裕信先生

現代社会では、医療の現場のみならずコンピュータの使用が必要不可欠となっています。そうした中、医療技術者の役割としてデジタル化された医療用装置の取扱いはもちろん、ネットワークのシステム構築も必要です。そこで、臨床現場でデジタル情報とシステムがどのように活用されているかを解説します。

≪診療放射線科≫
スポーツ障害の画像読影
原 辰徳先生

下肢に障害を持っている患者様はさまざまな歩行補助具(杖や歩行器)を使用されていますが、適切に使われていない状況が見受けられます。他学科の学生も多く遭遇するであろう整形外科疾患を対象に、歩行補助具の選び方から使用方法まで実技を交えながらご紹介します。

≪看護科≫
フィジカルアセスメント(初級編)
市川 豊子先生

フィジカルアセスメント(身体診査)とは、問診・視診・聴診・打診・触診の技術を用いて客観的データを収集し、患者様の全身状態を査定することです。この初級編では、「聴診」「打診」「触診」について触れ、特に聴診器を用いて呼吸音・心音・腸音を観察する方法などを人形を使って学んでいきます。

≪看護科≫
うつ病のこころと体
水田 進先生

うつ病は何となくふさいでいる、落ち込んでいる“こころの病”という印象がありますが、こころと体はつながっているため、体にもさまざまな症状が現れます。こころを病むことでいろいろな苦痛が生じるので、その苦痛の理解と生きにくさについて、こころと体の両面から考える力を育てます。

■STUDENT VOICE

≪理学療法科≫ 中田 一希さん

(福岡県立筑前高校出身)
柔道整復科 富永先生による仙腸関節矯整法を受講

柔道整復師だけでなく、理学療法士にとっても関節の構造について知り、触診や評価を行えることはとても重要だと思い参加しました。1人ひとり丁寧に教えてくださり、たくさん質問ができたのでとても有意義な時間を過ごすことができました。