校友会

校友会報告

第17回校友会を終えて 校友会会長 喜多村 伸明

 平成26年6月15日(日)、本校において第17回校友会並びに総会が開催されました。校友会会員の先生方には、多事ご多忙の中、また遠路よりご出席を賜り誠にありがとうございました。
 第17回校友会を開催することができましたのも、ひとえに理事長はじめ教職員の先生方のご指導、ご鞭撻、並びに部活動の皆様のご協力によりできたことと重ねて厚くお礼申し上げます。

 基調講演では独立行政法人国立病院機構大阪南医療センター副院長の齊藤正伸先生を講師にお招きし、『人工関節の進歩とチーム医療』と題し、人工関節が当初感染症との闘いであったことや、基礎医学者や工学者との共同研究が重ねられ、人工関節の耐用性が飛躍的に向上したことなど人工関節の進歩について説明されました。また、各種パラメディカルスタッフが協力し合った医療実践が、人工関節置換術を受けた患者により高度の機能性を付与し、満足度を向上させてきた実情は、現在の医療の縮図と捉えることができ、チーム医療の重要性が示唆されると述べられました。

校友会イメージ


 基調講演終了後の総会では、理事長挨拶、今年度の役員紹介、会計報告、会長挨拶が行われました。


 お昼の休憩では、サッカー部による辛口キーマカレー・チキンカレーの軽食販売、ヘルス&ビューティー部によるアロマグッズの販売・クラフト作り体験会が行われ、卒業生と在校生との交流ができました。また、求人・就職相談も行われました。


 講演気任魯ラヴァンツ北九州チームドクターで、U19サッカー日本代表チームドクターの井澤敏明先生を講師にお招きし、『Jリーグそしてサッカー日本代表メディカルサポートの実際』と題し、現場で働くスポーツドクターが、どういうことを考え、そしてどういう環境、待遇のもとで仕事をしているのかということを、サッカーの現場を中心に現状を紹介して頂きました。また、課題・問題点などについてもお話して頂きました。


 講演兇任楼貳椋眞痛/容本美容鍼灸マッサージ協会代表理事の上田隆勇先生を講師にお招きし、『愛される鍼灸院の作り方』〜売上27.5倍になった誰でもできる鍼灸院経営術とハリウッド上田式美容鍼灸実技デモ〜と題し、治療院繁栄のための3つの柱から、どのように治療院を経営していったら良いかお話しくださいました。繁栄し続ける治療院の本質についての話は、特に今開業している卒業生や今から開業しようと考えている卒業生・在校生の心に響くものでした。ハリウッドスタイル上田式美容鍼灸については、実技を交えて実際に先生の技術をみさせていただきました。美容鍼灸とは、本格的総合美容法であって、体ケアと美顔があって始めて、美容鍼灸と言えるということを改めて感じました。


 講演靴任麓匆駟〇稻/庸靄Р馘沈鄂契孤賊,両尚羃栃羸萓犬鮃峪佞砲招きし、『青年海外協力隊経験と日本での活動』と題し、第一部では青年海外協力隊に理学療法士として、二年間チュニジアに派遣、身体不自由児者施設での活動経験について話され、第二部では東日本大震災でのボランティア活動と車椅子テニス大会の活動についてご講演をしていただきました。


 講演におきましては、講師の先生方の惜しみないご理解とご協力により、大変充実した会として好評のうちに閉会することができました。心より御礼申し上げます。

 さて、校友会としましては、今後も会員の皆様の旧交を暖める機会や、在校生との交流、臨床に役立つ勉強の機会を提供していきたいと考えております。次回は平成26年11月16日(日)を予定しています。今後も卒業生、在校生、教職員が一体となって協力し、福岡医療専門学校さらには医療界の発展に貢献できればと思います。終わりに、校友会会員ならびに関係各位の皆様のご健康と更なるご活躍を祈念いたします。